歯周病の原因、歯垢について〜歯石との違い

歯周病は原因菌に感染することで発症します。ではこの原因菌はどこに潜んでいるかと言うと、歯垢と呼ばれる場所に潜んでいます。


もう少し厳密に言うと、この歯垢は細菌の塊だと言うことができます。

爪やつまようじなどで歯の表面を擦ってみると、白くてネバネバしたものが付着するかもしれませんが、それが歯垢の正体です。
1mgの歯垢にはおよそ300種類、数億から10億個もの細菌が潜んでいるとも言われていますから、驚きです。そしてその中には、歯周病を発症させる原因菌も潜んでいると言うわけです。

口腔内で分泌されている唾液には、歯の表面を覆う薄い膜を形成するような成分が含まれています。この膜は、食後などに変化するph低下から歯を守る役割を担っています。そこに様々な細菌、あるいは食べ物などに含まれている糖分に含まれている成分などが付着することで、歯垢が形成されます。そして歯垢中の細菌は、食べ物の糖分などをエサにしてどんどんと繁殖していきます。

そして細菌が繁殖などの代謝を繰り返して、歯垢が唾液中のミネラル分と結合してしまったのが歯石です。


歯石は歯垢とは異なり、文字通り石のように硬いのが特徴です。

表参道の歯周病の情報探しをお手伝い致します。

そのため歯垢のように簡単にとることは難しく、歯科で専門道具を使用して除去することが必要となります。


歯石がたまっていくと、歯周病の罹患率はより高くなりますし、その症状の進行具合も速くなっていきます。

livedoorニュース情報に精通したサイトです。

歯垢であれば歯磨きで除去することも可能ですから、まずはそのことに努めるのが重要です。



そしてその上で、もし歯石ができてしまった場合には、早急に歯科に相談してそれを除去することが歯周病予防につながります。